tokyOApple

東京アップル。清濁併せて好奇心無限大!

ドラマ

さあ、2017年楽しい読書の時間ベスト10です♪

投稿日:

ドラマもいいけど♪読書もね♪

どっちも自分にとっての息抜きで、

想像の翼を広げる時間でもあります。

 

さあ、2017年楽しい読書の時間ベスト10

発表です。

※2017年に発売された作品だけではありません。

私が2017年に読んだ本の中からのベスト10です挨拶

 

10位

「陸王」池井戸潤

 

陸王 陸王

 
Amazon

 

足袋屋がランニングシューズに参戦話。

読み終えると、いつもより目が輝き、小鼻も膨らみ!

根拠もないが、絶対あるある!

やる気スイッチを押されてしまった感を今回も味わせてくれてありがとう。きっと映像化されますな。

それもT○Sで(^^ゞだってニューイヤー駅伝だもの。

社長役は小林薫さんでお願いしますと読了後は思っていましたが、

社長役は役所広司さんでした。

 

9位

「レヴォリューションNO.3」金城一紀

 

 

「つまんない」は頭の中で起きている、

「楽しい」は現場で起きてるんだ!

仲間のために走って、汗かいて、ベソかいて、恥かいてるザ・ゾンビーズを横目で見てるマジョリティの君たち。

普通もいいけどたまには冒険してみたくなるよね。

つまんないと思う前に走ろうよ。

だけど、そこには今だ打破できない死や差別、格差がある。

でもさ、人間、生きてナンボ。

生きているから踊ろうよ、考えようよ、楽しもうよ♪

夏休みにふさわしい一冊でした。

 

8位

「ユリゴコロ」沼田まほかる

 

 

映画化されるということで読んでみました。

とても不思議で美しい物語でした。

暗闇で一瞬何かに触れたように思い、

それが何か知りたくて奥へ奥へと誘われる。

最初は怖くて引き返そうとするも何か(ユリゴコロ)を知りたくて追いかけることが止められない(ページをめくる手が止まらない

)最後に見たのはキレイな光だったと自分は感じました。

殺人シーンとか内情とか決して美し物語ではないけど、

ヌスビトハギのくだりが美しく印象的。

あたしの胸にしかとヌスビトハギの余韻が残り本を閉じる。

 

7位

「マチネの終わりに」平野啓一郎

 

 

恋という極上の余韻を五感で感じさせてくれる作品でした。

そう、ファミレスの味しか実際には知らぬ者が、

星がつく格付けレストランで優雅に舌鼓するような恋に出会えたら本望かも。でも、その後の二人を知った槙野妻が夫にたわしコロッケを食べさせてほしいと下衆な感情を想像するファミレス庶民な自分が嫌になる(^^ゞ

 

6位

「星の子」今村夏子

 

星の子 星の子

 
Amazon

 

虫眼鏡に光を集めジリジリと燃える様を見ているような焦燥感な作品でしたよ。新興宗教って怪しいと思っているみんな~じゃ、質問です。最初から信じるなんてムリだよね。

探さない待つの。気づいた人から変わっていく、それはその人の意思じゃなくても。意思は操作されているのか?

自分の意思によるものなか?両親に見える流れ星。

ちひろには見えない流れ星。見ようとしているもがすべて見えてるわけじゃない。読み手にも信じるとは何か?変わるとは何か?

流れ星を見せようとするも、答えはひとつじゃない。

 

5位

「わたしたちは銀のフォークと薬を手にして」島本理生

 

 

なんであたし結婚できないの?と悩む女性は読むべし!

隣の芝は青く見えるもの。だけど自分の芝を見つけた時に幸せが実感できる。アラサー女子の会話が軽妙で等身大?

ドラマ化しても面白い作品になりそうですね。

椎名さんは井浦新でお願いします。

 

4位

「こちらあみ子」今村夏子

 

 

あみ子の周波数と他者の周波数が合わない。

それでも、こちらあみ子応答せよ!と声を出し続けるあみ子にやっぱり他者は残酷だが、あみ子の周波数に気づいてくれた男子にあみ子も合わせない。合わすだけが生きることじゃない。

いろんな人の周波数があっていんだよね~ 

「ピクニック」これまた、人間の残酷さを描いていていじめの構図ってこうなんだろうな~敵は味方のフリをする!?

 

3位

「かがみの孤城」辻村深月

 

かがみの孤城 かがみの孤城

 
Amazon

 

自分はみんなと同じなれないと悩んで人に読んでほしい一冊です。

みんなと同じでない子供を理解しない先生を殴ってやりたくなりましたが、自分とこのクズ先生との違いはそんなに遠くはないかもしれぬと反省もさせられます。この世界がすべてではないとかがみの世界が教えてくれ、そしてかがみの世界がこの世界も悪くないと教えてくれています。救い救われるファンタジー物語に最後は心がほろほろしたのでした。

 

2位

「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」西原理恵子

 

 

ほぼ同世代なのですが、上等だよ!とメンチ切られそうだと勝手にイメージし苦手な人だと決めつけていましたが、語ってることはブンブン頷けます。我慢が美徳じゃありません。

どうしても我慢できなければ逃げればいい。

男からもいじめからも。そのために自立だよ。

そう自由って有料なんですよね。

 

1位

「蜜蜂と遠雷」恩田陸

 

蜜蜂と遠雷 蜜蜂と遠雷

 
Amazon

 

文章が「音」になって伝わってくる。

クラシックに詳しくなくても頭の中でリズムを感じる・・・

ってな陳腐な言い回しは、恩田さんも飽きたでしょう(^^ゞ

それでも陳腐な感想を。

風間蜜蜂は音という音符を運び媒介させるギフトとなり、

羽音のしない雨の遠雷で気づく。

音を外に運び出すことに。さあ、楽しい音楽の時間です。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

本を選ぶ基準は、読める時間が限られているので、

話題作だったり映像化されるものだったりが多いです。

なので、ベスト10に選んだ作品は、

多くの人が読みやすく、共感でき、

読書から遠ざかっていた人、読まず嫌いで敬遠していた人、

ちょっと興味あるかもな人・・・に読んでもらえれば嬉しいかも。

 

知的さも存在感も個性もない、パッとしない感想だけど、

みーんなにわかりやすく感想をお届けしたいな。

(←ちょいあまちゃんパクリあはは・・・

それが2018年の目標です。

2018年も読むぞーーー!

 

では、では本当によいお年を♪

 


にほんブログ村

ランキングに参加中です。

応援クリックいただければ嬉しいです。

 

Source: oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「わろてんか」114話ちょこっと感想。

俺が俺がダチョウ倶楽部な大人たちの巻。   隼也、詐欺にあっていたことが確定。   がーーーん!顔の隼也に、 俺の監督不行届きだと頭を下げる栞さま。 親代わりだと押さえ過ぎたと頭を …

あったことをなかったことにしない~「アンナチュラル」4話感想~

今話は、仕事ってなんだ? なぜ仕事をするのか? 仕事のためならサービス残業も当たり前なのか?   サービス残業をすることがプライドなのか?   プライドとはなにか? プライドとは、 …

「半分、青い。」58話ちょこっと感想。

当ブログがオリジナルブログです。 oliveのドラマ帳~風に吹かれて~ 著作権は放棄してません。 無断転載禁止です。日本では、個人のブログであっても、 記事を投稿した時点で著作権が発生します。 ◆◇◆ …

モテキなはるたん♪朝ドラより運命かも~「おっさんずラブ」1話感想~

少しテイストが違うどころか、 ごげなもーーん!どころか、 すんごい面白かったよ♪   ながら見程度に見てみるかな♪ 気軽な気持ちで見始めたら、 主演:田中圭  ヒロイン:吉田鋼太郎 &nbs …

「わろてんか」130話ちょこっと感想。

リリコアンドシロー、わろてんか隊に合流の巻。   無事、上海に到着した「わろてんか隊」に、 リリコが訪ねてくる。   地味なリリコの姿。 初かも・・・ 苦労してるのかな?と思わせる …