tokyOApple

東京アップル。清濁併せて好奇心無限大!

ドラマ

おらはこの親子が好きになったのす~祝♪直木賞受賞作「銀河鉄道の父」感想~

投稿日:

158回直木賞受賞おめでとうございます。

 

今回で三度目の候補となっていたのですが、

二度目の候補作「家康、江戸を建てる」が面白かったので、

次はくるーーー!と予感が働き♪

ちょうど図書館で借りていた時(←買えよ、ごめんねぇ~)

受賞の知らせが届きました。

 

 

 

なんという偶然でしょう。

なんという喜びでしょう。

 

親の目、子の目。

両方の目で楽しめる親子物語となっている「銀河鉄道の父」

 

 

さて、どんなお話かといいますと・・・

宮沢賢治は祖父の代から続く富裕な質屋に生まれた。

家を継ぐべき長男だったが、賢治は学問の道を進み、

理想を求め、創作に情熱を注いだ。勤勉、優秀な商人であり、

地元の熱心な篤志家でもあった父・政次郎は、

この息子にどう接するべきか、苦悩した―。

生涯夢を追い続けた賢治と、父でありすぎた父政次郎との

対立と慈愛の月日。(BOOKデーターベースより)

 

宮沢賢治の童話は読んだことがなくても、

名前は多くの人に認知されてるでしょう。

「雨ニモマケズ」の人として認知されいるでしょう。

 

この作品は、

宮沢賢治を育てた父親目線で書かれた物語です。

 

「雨ニモマケズ」のイメージが強く、

宮沢賢治って、あたしの中では二宮金次郎のような勤勉さと、

高倉健のような寡黙さと、真面目で純粋な人かと思ってました。

 

が!賢治は金持ちのぼっちゃん特有の?

ヘタレ男だったーーーー!

 

夢みたいなことばかり語る甘ちゃんぼっちゃんに、

きっと近所の人はアホボンと呼んでいたことでしょう。

 

父でありすぎた父は、

賢治にとってエベレストであり、万里の長城であり、

なかなか越えることのできな存在だったんでしょうね。

 

「・・・おらは、お父さんになりたかったのす」

政次郎ほど大きな存在はなかった、自分の命の恩人であり、

保護者であり、教師であり、金主であり、上司であり、

抑制者であり、好敵手であり、貢献者であり、

それらはすべてであることにおいて政次郎は手を抜くことを

しなかった。(本文より)

 

息子が病気になると自ら看病し、

息子が興味を持つ物に耳を傾け買い与え、

息子の甘さを心の中では毒づいても口には出さず、

息子の作品の一番の愛読者であったのに、

息子は弱者の敵である質屋という父の職業を嫌い、

息子は父が信仰する宗教に反発し改宗し、

息子は父より先に逝ってしまう・・・

 

親ってなんでしょうね。

子ってなんでしょうね。

 

 

父と息子の関係って、磁石の同極同士なのかなと思った。

反発しあう磁石を繋ぐ鉄板の役目をしていた妹のトシの死から

物語は一転する。

最期まで父に反発し死ぬ瞬間を見せなかった息子の賢治。

 

ファンタジー世界の父と子「精霊の守り人」

神ではなく人間になろうとする息子を何度も殺そうとするも、

人間になって最期を迎えた父と子の抱擁。

 

トランスジェンダーとなった息子と父「女子的生活」

弟が女になったことを受け入れることにができない兄に父は、

「子供の幸せを願わん親はおらん

俺は俺の子供が不幸になってほしいと思わん」

 

そう、どの時代、どの世界の父も、

子供の幸せを願っているもの。

 

息子大好き愛情たっぷりな父が愛おしくなる作品です。

おらは、賢治のお父さんが好きになったのす。(olive)

 

親の目、子の目。

どちらの目でも楽しめる作品です。

さあ、あなたはヘタレ賢治目線?

父でありすぎる溺愛父目線?

 

 

 


にほんブログ村

ランキングに参加中です。

応援クリックいただければ嬉しいです。

Source: oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キョドコはほっとけない女なのか?あざとい女なのか?~「きみが心に棲みついた」5話感想~

キョドコ(吉岡里帆)のような、喜怒哀楽が激しく 振り幅が大きい女は、人によっては見方が 違うようだ。   これまで放送された(4話まで) 視聴者に、キョドコーー!イライラするーー! 見せてい …

老若男女の恋模様からのコラー!瑛太~「anone」8話感想~

偽札作りも佳境に差し掛かる。   綻びが見え始めてきたね。 瑛太は嫁に隠し部屋が見つかり、 火野正平弁護士が気づきはじめた。   偽札作りが見つかるのかとハラハラドキドキ。 老若男 …

「コウノドリ」4話ちょこっと感想~

お家でないので簡単感想で♪ 帝王切開したお母さんが、次の子は自然分娩で産みたいと希望。 そんなことできるんだぁ~ トーラックという方法らしい。子宮破裂というリスクがあるのに、自然分娩にこだわる妊婦さん …

「わろてんか」50話ちょこっと感想。

藤吉、ボンクラキャラ最高潮の巻。   もう一軒、寄席をつくる! その夢に頭いっぱいの藤吉。 最高潮のボンクラさを発揮するのであった。   風太がやってきました。 藤吉をいさめるため …

「わろてんか」130話ちょこっと感想。

リリコアンドシロー、わろてんか隊に合流の巻。   無事、上海に到着した「わろてんか隊」に、 リリコが訪ねてくる。   地味なリリコの姿。 初かも・・・ 苦労してるのかな?と思わせる …