tokyOApple

東京アップル。清濁併せて好奇心無限大!

雑記・メモ

Switch発売1周年!自分が遊んだゲーム3作品をゆるっと振り返る

投稿日:

f:id:ornith:20180306170414j:plain

 Nintendo Switchの発売から、はや1年。なにげに自分史上初めてとなる「発売日に買ったゲーム機」であり、1年が経ってもぼちぼち楽しんでいる今日このごろ。

 夢中になりすぎて日常生活が疎かにならないよう、それなりにセーブはしているつもりではあるものの……なんだかんだで、暇ができればスプラトゥーンを遊んじゃうのよね……。それでも総プレイ時間は250時間程度なので、ガチのフレンドさんと比べればまだまではあるのですが。

 他方で、せっかくゲーム機本体を手に入れたわりに購入したゲームソフトは少なく、『マリオカート8 デラックス』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『スプラトゥーン2』の3本のみ。

 『マリオオデッセイ』をはじめ、ほかにもちらほらと気になるソフトはあるものの、買ってしまえばそれこそ日常生活がぶっ壊れかねないので……。最近はほとんどイカ専用機と化しているけれど、それでも充分に楽しめているのでまあいいかなーと。イカだけに。

f:id:ornith:20180306170356j:plain

 それはさておき、発売1周年というちょうど良いこのタイミングで、1年間で遊んだSwitchのゲームについて振り返ってみようかなーと思いまして。容量がいっぱいになったメモリーカードの整理ついでに出てきたスクショを交えつつ、ゆるっとまとめてみました。

 

スポンサーリンク
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
 
//

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』については1年前にも個別記事を書いたけれど、実は自分の手で『ゼルダ』をがっつり遊ぶのは、これが初めて。

 子供のころ、友達が遊んでいるのを後ろから見ていたことは何度もあったけれど、実際に自分で操作してストーリーを追いかけるのは今回が初めてだったのです。いやー、『時のオカリナ』から実に19年っすよ。ついに、『スマブラ』以外でリンクを動かせるのだ! わぁい!

f:id:ornith:20180306170130j:plain

このシーン、やっぱりスクショ撮るよね。

 詳しくは上の記事であーだこーだと書いているけれど、ゲーム内の「ステージ」のような限られた空間ではないオープンワールドの世界は、むちゃくちゃ刺激的で楽しかった。

 それこそ、いつまでも走っていられるくらいには。草原をただただ駆けめぐるだけでも楽しいし、ボコブリンを見つければ何度だって全力で狩りに行っちゃうし、見慣れないものが視界に入るとドキッとして警戒する。最初の数日は、ストーリーそっちのけで世界と戯れていた。

f:id:ornith:20180306170208j:plain
f:id:ornith:20180306170224j:plain
高いところに来ると遠景を撮りたくなる感じ。
f:id:ornith:20180306170136j:plain
f:id:ornith:20180306170204j:plain
初めてボス級と対峙したときはドッキドキ。そしてとりあえず木に登る。
f:id:ornith:20180306170147j:plain
f:id:ornith:20180306170231j:plain
馬と駆ける。それだけで超たのしい。

 あまりにも世界と戯れるのが楽しすぎたこともあり、案の定というか……うちのリンクは、いまだにハイラルを救っていない。数十時間にわたって世界を旅しつつ、最後の神獣(雷)の近くまではたどり着いたものの──幸か不幸か、『スプラトゥーン2』を買ってしまったのだ。

 かくして、勇者はイカになった。

 

マリオカート8 デラックス

 もっとも長時間にわたって遊んでいるイカの話の前に、こちらもそこそこ遊んでいた『マリオカート8 デラックス』について。Switchの記録によれば「55時間以上」になっていたけれど、そのほとんどがオンライン対戦だったんじゃなかろうか。

f:id:ornith:20180306170311j:plain

スーファミ時代からマリカーではヨッシー。でっていう。

 一番新しいスクショ(と言っても昨年6月)のレートがまだ5,000近くなので、そこまでやりこんでいたわけではないっぽい。

 でも1,000スタートで1ヶ月ちょいでこの数字と考えると、短期間で割と遊びまくってたんじゃないかと思う。うっすらと寝不足だった記憶もあるし、自分のツイートを遡っても、「こいつ、またマリカーしてるよ……」という期間があったので。エキサイティング!(煽り)

f:id:ornith:20180306170310j:plain
f:id:ornith:20180306170308j:plain
ブロガーで集まってキャッキャウフフしていた図と、ダブルキラーな謎スクショ。

 本作もまた、1ヶ月後にはイカに取って喰われるわけですが、『マリカー』の真骨頂は「いつでも・どこでも遊べる」部分にあるんじゃないか、とも。

 たまに思い出したようにプレイしても楽しめるし、 “パーティーゲーム” としてのオフライン対戦需要も備えている。外に持ち出して複数人でわちゃわちゃと遊ぶなら、今も昔も『マリカー』は鉄板でしょう! コントローラーでなく、ゲーム本体を片手に出かける──という微妙な違いはあれど。

 そういえば、カラオケJOYSOUNDの直営店ではSwitchのドックも完備しており、大型スクリーンでゲームが遊べるそうですが、画面を分割して複数人で遊べる『マリカー』なんかは持ちこむのに適しているのではないかしら。割引キャンペーンもやってるっぽいので、オフ会にもいいかも*1

f:id:ornith:20180306170306j:plain
f:id:ornith:20180306170307j:plain
そういえば一度、好きな実況者さん本人らしきプレイヤーとマッチングして、テンション上がった。

 

スプラトゥーン2

 そんなこんなでスプラトゥーン。寝ても覚めてもスプラトゥーン。前作以上に没頭して楽しんでいた──もとい、現在進行形で楽しんでいる『スプラトゥーン2』でございます。

 正直、発売日にSwitchを買う決心がついたのも、「どうせイカが出るだろうし!」という考えが根底にあったと思う。ほかのゲームが微妙だとしても、「スプラは間違いないから」という安心感。実際は “微妙” どころか、前述のように『BotW』も『8DX』もむっちゃ楽しんでいるわけですが。

f:id:ornith:20180306170323j:plain
f:id:ornith:20180306170325j:plain
帰ってきたイカの世界。絵師さんたちも荒ぶってる(えろ豆先生の『百合イカ』シリーズ、好きです)。
f:id:ornith:20180306170357j:plain
f:id:ornith:20180306170406j:plain
フェスはいつまでもまわっていられる。ガチで20キルを超えるとさすがに気持ちいい。

f:id:ornith:20180306170402j:plain

サーヴァントっぽいイカたちにまざってバイトをしたこともあった。

 遊び始めてすぐにオンラインに潜ってバッチャバッチャとインクを撒き散らしていた一方で、サーモンランの虜になるのにも時間はかからなかった。気がつけば延々とシャケを狩り、イクラを集めるだけのワーカーホリックに。バイト……タノシイ……。

 サーモンランの何が楽しいって、とにかく「忙しい」んですよね。良い意味で。常に同じブキを使わないから純粋な技量が試されるし、かと言ってそれだけでは不十分で立ち回りも重要になり、しかも毎回異なるメンバーとの連携も必要になるという。わっちゃわっちゃと大変だ。

 けれどそれでいて、WAVEの合間やシャケの出現周期には緩急もあり、ほどほどに休みながら働けるという絶妙なバランス感。ほかのプレイヤーとは、ボイスチャットなしでもそれとなーく意思疎通ができて、そのユルすぎずガチすぎずの距離感も心地良い。バイトが終わったら喜びの舞を踊るのだ。

 もちろん、ナワバリバトルやガチマッチは言うまでもなく。前作では「ヤグラ」が得意だった覚えがあるけれど、今作では「エリア」で安定して勝てたり、またステージやブキによっても得意不得意が出てきたりという印象もあり、楽しみ方の幅が広がったように思う。

 2018年に入ってからは仕事が忙しく、ついでに『UNDERTALE』にハマったことでしばらくイカからは離れていたけれど……なるべくフェスには参加したいし、今後も暇を見ては存分に楽しむつもり。マッチングしたら、イカよろしくー。『BotW』もせめてクリアするところまでは漕ぎつけなければ……。

 


 

 こうして振り返ってみると、(一応は)据え置き型のゲーム機としては、我ながら想像以上に夢中になって遊んでいるなーという感想。多分、ここ数年ではWiiやWii Uよりも楽しんでいるはず(それらのハードでは、あまりソフトを買わなかったということもあるけれど)

 話題の「Nintendo Labo」は様子見するつもりではいるものの、これからも気になるソフトが出たら買ってプレイするのは間違いありません。近年は携帯ゲームやスマホアプリばかり遊んでいたけれど、Switchはまだまだずっとプレイしていくだろう勢い。これからもお世話になります。

 ──なーんて記事を書いていたら、スマブラの発表ktkr。『オクトパストラベラー』も地味に気になっているし、魅力的なソフトが増えてきてあばばばば。

 何はともあれ、次はカービィだ……!

 

© 2017 Nintendo

関連記事

Source: ぐるりみち。

-雑記・メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

没頭=幸せ?毎日を上機嫌で過ごすための『没頭力』とは

 この世で一番強いのは、「夢中マン」だと思っている。 そう、いつだって、何かに「夢中」になっている人は最強に見えるのだ。  「無我夢中」という言葉にもあるように、 “自身(我)” を “無” くすほど …

女性問題の未来、手書きインスタ、5ch爆誕〜今月気になった話題(2017/10)

 どもども。今朝は寒くて目が覚めた僕です。これからの季節、夜はオフトゥンを増やせば何とかなるものの、日中は暖房なしの部屋だと作業に集中できないからさあ大変。ますます喫茶店のお世話になる日々が続きそうで …

『きららファンタジア』はじめました〜3章まで終わったぞい

きららファンタジア 公式サイト  12月11日のリリース以来、度重なるメンテナンスを超えてサービス再開となった、アプリ『きららファンタジア』。  リリース初日は通信エラー地獄のなか、ひたすらリセマラを …

のどぐろ!日本酒!東京駅前の個室居酒屋『天地旬鮮 八吉』でまったり

 ――ふと、魚を食べたくなる瞬間が、ある。    普段は魚を食べていない、というわけではありません。ちびっ子時代は鮭フレークが大好きだったし、スーパーのパック寿司は紛れもないご馳走。少年時代は内陸で暮 …

山田うどんの新業態!清瀬『県民酒場 ダウドン』でランチ

 少年時代を埼玉県で過ごした僕にとって、「うどん」の原体験といえば「山田」である。うどんといえば、山田。山田といえば、うどん。クラスメイトの食いしん坊・山田くんのあだ名が “うどん” になるくらいには …