tokyOApple

東京アップル。清濁併せて好奇心無限大!

雑記・メモ

千駄木『yorimichi cafe』可愛らしいカフェで食べる、やさしいドリア

投稿日:

 目的もなく街中を歩いていると、いつの間にか住宅地に迷いこんでいることがしばしばある。駅前を歩いていたつもりが、ふと気がついたら、一軒家が立ち並ぶただなかにいた──みたいな。

 特に、何もかもがギュウギュウに押しこまれた東京23区では、それが日常茶飯事だ。

 繁華街として名高い渋谷・原宿エリアですら、「ふらっと脇道に入ったら閑静な住宅街が広がっていた」なんてことがよくある。駅前や大通りの喧騒はどこへやら、道を1本挟んだだけで雰囲気が変わるからびっくり。あまりに空気が違うから、すわ異世界召喚か!? と期待してしまったじゃないか。まったく。

f:id:ornith:20180417231704j:plain

そして迷いこんだ先では高確率で猫と出会う。新マップの案内役だろうか。

 ただ、繁華街や観光地とは異なり、わざわざ進んで見知らぬ住宅地を歩こうという人は少ないんじゃないかと思う。特に映える建物があるわけでなし、基本的には一軒家やアパートが立ち並ぶのみ。その土地に住まうお猫さまと出会うことはあるかもしれないが、それくらいだ。

 しかし一方で、そういった住宅地ならではのスポット、というのもある。あちこちに点在する神社だとか、住人の憩いの場となっている公園だとか。そして、一軒家や個人商店が並ぶなかに、突如としておしゃれな建物が現れることもある。チェーン店ではない、個人経営の喫茶店だ。

f:id:ornith:20180417225937j:plain

 先日、日暮里駅から谷中銀座の混雑を抜けて、なんとなしに大通りを避けつつ住宅地を歩いているときに目に入ったのも、そんなおしゃれカフェだった。根津神社にほど近く、神社仏閣やら学校やら一軒家やらが混在したゾーンなので、あまり冒頭に書いたような「住宅地」然とした感じではないかもしれないけれど。

 表の看板には、 “cafe yorimichi” の文字。
 かふぇよりみち……あなた、ヨリミチっていうのね!

 そういえばまだお昼ごはんを食べていなかったと思い出し、お店の前のメニュー表を眺めつつ、店内もチラチラと観察してみる。……よし、どうやら「見るからに常連さんだらけで入りづらい」ような雰囲気ではない様子。お腹もペコペコだったので、こちらでランチをいただくことにしたのでした。

 

スポンサーリンク
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
 
//

 

かわいいお店の、やさしいドリア

 ヨリミチ改め、『yorimichi cafe』という名前のこちらのお店。外観からしておしゃれな雰囲気を醸し出していたけれど、内装がこれまた素敵だった。

f:id:ornith:20180417225933j:plain

f:id:ornith:20180417225932j:plain

 全体的にアンティーク&ウッディな内装──というか、すっごい自然に「木」が生えていた。この木、何の木……かはわからないけれど、マジの木っぽい。

 椅子と机のほか、壁沿いの家具や小物類も茶系統の色合いで統一されており、まっこと落ち着く雰囲気。よく見れば、天上からぶら下がるランプも個々に違うものらしく、そのような飾り物や窓の意匠はカラフル。席に座るより前に、思わずキョロキョロしてしまった。

f:id:ornith:20180417225936j:plain

f:id:ornith:20180417225934j:plain

 「お好きな席にどうぞー」と店員さんから勧められ、店の少し奥のほうのテーブルに着席。厨房を背にして入り口を正面にする形で、店内が見渡せる場所。思いのほかあちらこちらに小物が置かれていて、しばらく見回していても飽きないレベル。たのしい。

 自分のほかにお客さんは1人だけで、ちょうど木の影になる席に座り、まったりと食後のドリンクをいただいている様子。時間帯的にはちょうどランチタイムとティータイムの間なので、いい具合に空いているタイミングで入れたのかもしれない。実際、お店を出るときにママさんグループと入れ違いになったので。

f:id:ornith:20180417225929j:plain

f:id:ornith:20180417225931j:plain

 注文したのは、「yorimichi風ドリア」。サラダ・スープ・デザートなどが付くランチセットもあるそうだけれど、今回は単品で。というか、入店時にはランチタイムが終わっていた模様。

 ドリアはしつこすぎず、一口に言えば「やさしい味」(メニューにもそう書いてあった)。エビ・ブロッコリー・しめじなどの具材はどれもおいしく、そして何より、チーズが最高。表面はほどほどに香ばしく、中はとろーりホクホク。なにげにひさしぶりのドリアだったので、一口一口を味わいながらいただきました。

 最初は物足りないかとも思ったけれど、食べ終えてみれば意外とボリュームがあり、すっかりお腹いっぱい、幸せな気分に。しばらくまったりと過ごさせていただき、ちょうど奥様方のティータイムになろうかという前に退店したのでした。いやー、満足満足。

 普段であれば入店に尻込みしそうなおしゃれカフェではあるものの、たまにはこうして、勇気を出して入ってみるのも良いかもしれない。そのように考えさせられた、とある日の路地裏カフェランチでございました。もし次に行くことがあれば、人気のチーズケーキを食べたいな。

 

店舗情報

  • 公式サイト:yorimichi cafe
  • 営業時間:11:00〜20:00(火〜土) / 〜19:00(日・月)
  • 定休日:火曜日(不定期で水曜日)
  • アクセス:東京メトロ千代田線『千駄木』駅1番口 徒歩5分
  • 住所:東京都文京区千駄木2-7-13 TYビル1F地図
  • 周辺のお店:ぐるなびぐるなび 千駄木×カフェ

※参考:食べログぐるなび

関連記事

Source: ぐるりみち。

-雑記・メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『東京トンテキ』池袋店で、とんてきデビューを果たした

 そういえば、トンテキを食べたことがない。  「とんてき」といえば、グルメ番組でもたびたび見かけるほどに有名なローカルフード。三重県四日市市をで生まれた「豚ステーキ」のことであり、ニンニクを使ったスタ …

喜怒哀楽を大切に、ゴキゲンに生きる。『どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた』を読んだ

 「幸せ」ってなんだろう。  ――という問いについては何度も考えている気がするし、むしろ2ヶ月前にもブログで書いていた。そのときの自分なりの答えは、「普段は口にしないうまいメシを、気心の知れた友人と一 …

限定デザインの測量野帳を求めて『コクヨハク2018』に行ってきた

 測量野帳が好きです。  ここ最近、普段使いの「メモ帳」と言えばこれ一択。外出時も肌身離さず持ち歩き、必携品とも言えるレベルで持ち出している印象がある。一にお財布、二にスマホ、三に測量野帳──とか、そ …

コメダの新業態!池袋『コメダスタンド』でコッペパンと珈琲を楽しむ

 3月も下旬となり、桜の開花情報が聞かれる今日この頃。これから、春の雰囲気をますます感じられるようになるんだろうな──と思いきや一転。まさかの雪もちらついてた祝日の今日、ふらっと池袋に行ってきました。 …

GWに読書はいかが?さっくり読めるおすすめ本12冊(2018年版)

 新年度に突入し、桜が散り、早くも真夏日があったと思ったら、4月下旬。あっという間に5月も間近──つまり、ゴールデンウィークが目前に迫っている今日この頃でございます。はっやーい!  でもぶっちゃけ、連 …