tokyOApple

東京アップル。清濁併せて好奇心無限大!

気象/天候/災害

3か月予報では難しいこと

投稿日:

イメージ 1
最近60日間の平均気温の平年差
(※気象庁ホームページより)
仙台の平野です。
今年の春は気温の高い状態が続いています。
思い起こせば、冬は全国的な寒冬で、西日本では32年ぶりの寒い冬とも言われました。
そこからこの高温ですから、極端といえば極端です。
最近60日間の平均気温の平年差は、沖縄の一部を除いてプラスで、
関東や東北太平洋側などでは、平年と比べて2℃以上高くなっているところもあります。
きのうは西日本で真夏日の地点が続出しましたが、
きょうは暖気が東日本・北日本にも流れ込み、暑さが厳しくなりました。
春がこれだけ暖かい(暑い)と、夏はどうなるんだ?
そんな声が聞こえてきそうですし、実際に聞かれることもあります。
これに関しては、長期予報をもとに、大まかな傾向はお伝えするようにしていますが、
「オホーツク海高気圧が出たらわからない」と、いつも付け加えます。
去年の夏を思い出してみてください。
春は気温が高く、その流れが夏も続く予想でしたが、
7月末にオホーツク海高気圧が現れて、その後は天候不順となりました。
春が暖かいからといって、夏がずっと暑くなるとは限らないわけです。
特に東北の太平洋側に関しては、このオホーツク海高気圧が出るのと出ないのでは
まったく違う天候になるため、長期予報は余計に慎重になります。
偏西風の蛇行の予測精度が高まるのは、2週間ほど前からとされています。
そのため、3か月予報ではオホーツク海高気圧の兆候をつかむことは非常に難しく、
現時点ではまだわからないと言わざるを得ません。
来週には夏(6月~8月)の3か月予報が発表されますが、
まだあまり決め込まずに、毎週発表される1か月予報もチェックしていくことが重要といえます。
平野 貴久

Source: チーム森田の“天気で斬る!”

-気象/天候/災害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

まだ5月なのに梅雨本番の大雨のおそれも

福岡良子です。 沖縄は5月8日に梅雨入りしましたが、これまでほとんど雨が降っていません。 那覇は梅雨入りしてからの降水量がたった7mm。 梅雨入りした沖縄はこの先も晴れが続く予想。 一方、本州付近はま …

no image

「雪形」は地域の暦!

盛岡の大隅です。 きょうは西日本や東日本を中心に5月とは思えないような夏の暑さになる所が多くなりそうです。 急な暑さにご注意下さい。 今月11日、富士山の「農鳥」(のうとり)がニュースになりました。 …

no image

五月蝿い季節

 五月は心地よい天気で好きですが、それを想像するからか、五月(さつき)という響きも美しく聞こえます。 五月が含まれる言葉も多く、端午の節句にまつわる五月人形、五月幟、花はさつき、五月雨や五月晴れと天気 …

no image

秋に向けて 春のもみじ成長中

こんにちは。及川藍です。 かきつばたが見頃ということで、先日、都内の根津美術館に行ってきました。ここが都内であることを忘れてしまうくらい趣ある庭園です。まさに都会のオアシスでした。 お目当の弘仁亭の燕 …

no image

雲の正しい数え方

こんにちは 多胡安那です。   今週は前半は全国的に晴れて暑くなりましたが、後半になって天気が崩れてきました。   きょうはすでに北日本を中心にまとまった雨雲がかかっていて、 この …