tokyOApple

東京アップル。清濁併せて好奇心無限大!

ドラマ

賛成の反対なのだ!~「口笛の上手な白雪姫」感想~

投稿日:

当ブログがオリジナルブログクリックです。

oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

著作権は放棄してません。

無断転載禁止です。
日本では、個人のブログであっても、

記事を投稿した時点で著作権が発生します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 
バカボンパパは不条理と感じることはないのか?
「賛成の反対なのだ!」
疑うこともなく声高々にし語っているね。
 
賛成の反対とはなんぞや?
賛成と思えば賛成で、反対と思えば反対ということか?
はたまた、どっちでもいい。これでいいのだ!なのか?
 
それではあまりにも不条理ではないのか?
これでいいのだ!とは思えない時がある。
 
今、この人と共に不条理の世界にハマッている。
この人とは、真海おディーンさま。
 
「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」に、
あたくしハマっております。
 
 
あたくしがハマっているのに視聴率はイマイチとか・・・うさ。
なぜだ?
この不条理な物語を知ればハマるはずだ。
 
主人公の柴門暖(おディーンさま)が、
冤罪(えんざい)で15年間投獄され、
愛する婚約者と未来の家族を奪われながらも何とかはい上がり
“復讐の鬼”と化して、自らを陥れた者たちに、
次々と華麗で緻密なわなを仕掛け、制裁を下していく・・・
という復讐劇だ。(毎日新聞 テレビ(まんたん)より引用)
 
友の裏切り、警察の陰謀、拷問・・・
こんな不条理があっていいのか!
 
復讐の鬼となった真海おディーンさまのやり方がエグいこと。
近親相姦、殺人、裏切り者たちをぶつけ合う・・・
 
だが、餌食となった人たちがいい仕事して盛り上げる♪
毒盛り女の山口紗弥加 や、
体が不自由で動くことしゃべることができなくて、
目だけで芝居する伊武雅刀とか。
 
今週で最終回となってしまうのだが寂しいが、
今から楽しみでもある
 
とにかく、賛成の反対なのだ!
華麗な復讐で特にカツノリをギャフンと言わせてほしい。
これでいいのだ!と悟り復讐をやめることなく終わってほしい。
 
で、今回の紹介する本とどんな関が?
ほとんど関係ないようで関係あるような・・・苦笑
「不条理」について描かれた一冊だと思ってます。
 
小川洋子「口笛の上手な白雪姫」
 
劇場で、病院で、公衆浴場で―。“声”によってよみがえる、大切な死者とかけがえのない記憶。その口笛が聴こえるのは、赤ん坊だけだった。切なく心揺さぶる傑作短編集。
 

 

 

 
賛成の反対なのだ(バカボンパパ)光と影。白と黒。
ホラーとファンタジー。どっちが正解かわからないのだ。
あくまでも白く澄んでいる文体なのに心は苦く黒く毒を含み
チクリとさせられる。
なんなの!この背筋が寒くなるような不穏さはーーー!
小川マジックに痺れるのよね~
 

名前を記してもらえる人ももらえない人も、

指差してもらえる人も素通りされる人も、

七十年経てば全員平等に死ぬのだ。

かわいそうなことはどこにでも潜んでいる。(本文より)

 

かわいそうなこと、不条理なことは、

どこにでも潜んでいるのに、

自分だけが思ってしまう。

だから嫉妬心が膨らみ陥れたくなる。

おディーンさまを裏切った人たちのように。

 

だが、人は必ず死ぬのだ。

死は平等なのかと問われれば、

それも最近では不条理に思えてくる・・・

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。

応援クリックいただければ嬉しいです。

Source: oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「わろてんか」86話ちょこっと感想。

お前が言うな再びの巻。   時代は昭和。 ラジオ放送がはじまり、 ラジオ体操がブームになってるそうな。   藤吉は口髭をはやし、 息子隼也は中学生となり、 すっかりお母ちゃんより老 …

女をイラつかせる天才?キョドコ~「きみが心に棲みついた」8話感想~

キョドコのくせに!   きっと、キョドコのくせに!と視聴者をイライラさせるのが 狙いのだろう。   だから、キョドコ中心として、 女の敵は女!に描かれているのかな?   …

ダーウィンが来た~手術支援ロボット伝説~「ブラックペアン」5話感想~

このドラマ、誰が主役なんだ?   原作では、竹内涼真演じる世良先生のようですが・・・ ドラマ版はニノ渡海先生が主役よね? なのに!なのに!? 毎回!小泉孝太郎演じる高階先生が主役に見えるんだ …

「わろてんか」59話ちょこっと感想。

お夕の旦那を越えて崇徳院の巻。   「崇徳院」の途中で、 団吾師匠が現れ、血相を変えて逃げるお夕の旦那。   さて?二人の関係は? そしてお夕さんは?   お夕旦那は団吾 …

夢を与える仕事をしている人がやってはいけないこと~「正義のセ」8話感想~

当ブログがオリジナルブログです。 oliveのドラマ帳~風に吹かれて~   丸ごとブログ記事が転載される事例が続いており、 ご面倒ですがご協力願います 著作権は放棄してません。 無断転載禁止 …