tokyOApple

東京アップル。清濁併せて好奇心無限大!

気象/天候/災害

梅雨前線に関わる第三の高気圧?

投稿日:

こんにちは!鈴木悠です。
ことしの梅雨は57日に奄美で、平年より4日早く梅雨入りしたと見られると発表がありました。
それから続々と、平年より早い梅雨入りの発表となり、
きょう東北北部で平年より3日早い梅雨入りの発表がありました。
これで、全国各地が梅雨入りしたことになります。
(梅雨入り発表のない北海道を除く)
イメージ 1
第1表:2018年の梅雨入り早見表(気象庁提供資料より作成)
梅雨とは、晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる現象、またはその期間のことです。
日本に梅雨をもたらすのは、梅雨前線です。
夏に近づくと勢力を強める、北の冷たく湿った「オホーツク海高気圧」と、
南の暖かく湿った「太平洋高気圧」がぶつかり、その境目は雨が降る場所になります。
これが、梅雨前線と言われています。
イメージ 2
第1図:梅雨の概要図(鈴木作成)
ただ、沖縄や九州の梅雨入りの時期に、
本当に北のオホーツク海高気圧が南にやってきているのでしょうか?
いくらなんでも遠すぎるのではないか!?
そんな疑問から始まった研究結果があります。
Moteki and Manda2013)は、
黄海にできる比較的小さい高気圧が、沖縄・九州の梅雨入りから梅雨明けまでの間、
太平洋高気圧と押し合いを続け、梅雨前線を停滞させていると、発表しました。

つまり、梅雨前線が沖縄や九州に停滞するには、

第三の高気圧「黄海高気圧」がポイントになると結論づけています。

イメージ 3
第2図:研究結果の概要図(鈴木作成)
イメージ 4
第3図:例として、2013年5月22日午前9時の地上天気図
     黄海高気圧と太平洋高気圧の間に梅雨前線が停滞している様子が分かる。
全国で一番、梅雨明けが早いとされるのは沖縄です。
平年日は、623日ごろとされています。
ことしの梅雨は、この「黄海高気圧」の動きにも注目して、
梅雨明けの予想をしてみようと考えています!
 
■参考文献
Moteki,Q. and A.Manda: Seasonal Migration of the Baiu Frontal Zone over the EastChina Sea: Sea Surface 
 Temperature Effect, Scientific Online Letters on theAtmosphere, 9, 19-22, 2013, doi: 10.2151 /sola.2013-005
筆保弘徳 編・和田章義 編著  『天気と海の関係についてわかっていることいないこと』ベレ出版、2016年、p72-75
 
鈴木悠

Source: チーム森田の“天気で斬る!”

-気象/天候/災害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

雨の季節近づく 梅雨の花も咲く

こんにちは。及川藍です。 きょう(4日)は広い範囲で晴れていて、午前中から暑くなりました。きょうの気温は30℃くらいまで上がるところが多く、札幌では午後2時過ぎに30.3℃を観測し、北海道でも真夏日と …

no image

最新の研究結果からみる 蚊対策

こんにちは。鈴木悠です。 季節はすっかり初夏ですが、ことしは季節外れの暑い日が多くなっていますね。 そうなってくると、そろそろ活動が活発になってくるのが「蚊」です。 私はきのう、ことし初めて蚊に刺され …

no image

梅で感じる季節

河津です。 先日、近所の梅林で梅もぎ体験が行われていました。 低いところになっている実は素手でも取れますが、高いところになっているものは届かないため、棒を使って枝を揺らして実を落とします。棒が実にあた …

no image

梅雨入りの表現について

5月12日(火)   盛岡の大隅です。 きのう(11日)の鈴木さんのブログにあったように、6月11日(月)、東北北部で梅雨入りが発表されたため、これで梅雨の発表のない北海道を除いた全ての地域 …

no image

VRやARで災害をリアルに体感

河津です。 先日、毎日新聞にVR(仮想現実)やAR(拡張現実)を用いて災害をリアルに体験できるツールが取り上げられていました。 https://mainichi.jp/articles/2018051 …