tokyOApple

東京アップル。清濁併せて好奇心無限大!

ドラマ

待て、しかして希望せよと愛は勝つ~「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」最終回感想~

投稿日:

当ブログがオリジナルブログクリックです。

oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

著作権は放棄してません。

無断転載禁止です。
日本では、個人のブログであっても、

記事を投稿した時点で著作権が発生します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 
最終回2時間。
前半にCMをたっぷりもってきていたので、
後半に華麗な復讐劇を見せてくれるのね?
と思いきや!
何?なんなのーーー!
クズはクズのままで終わったじゃん!
 
反省なくして成長なし!
新井浩文パイセンと幸男(大倉忠義)
 
で!真海おディーンさまはどうなっちゃうのーーー!
 
「モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー」最終回感想を♪
 
 
人間は忘れる生き物。
忘れちゃいけない加害者の方が忘れるのだ。
やったことを忘れ、相手のせいにして自分を正当化する。
いじめの構図と同じことを繰り返す、
新井浩文パイセンと幸男(大倉忠義)

 
そして「愛は勝つ」
初回の幸せだった時代の暖おディーンさまのテーマ曲。
なぜに「愛を勝つ」なんだ?と思ったが、
最終回、自分なりに謎が解けたような・・・
 
お金目当てで前妻を毒殺し、
息子に遺産を独り占させるために義娘も殺そうとしたのかと
思っていた山口紗弥加 だが、
夫である入間カツノリを本当に愛していたんだね。
自分なりの「愛を勝つ」で暴走してしまう狂気な恋心。
 
最後は、夫の入間カツノリに毒殺したことがバレて、
生きる希望を失い自ら毒殺。
血吐いて絶命する山口紗弥の怪演。
夢に出てきそう・・・あはは・・・
 
夫の入間カツノリは、
誰よりも保身のために生きている人間。
保身のために妻が前妻を毒殺したことを悟っていたのに
黙認していた。
そして、息子を二度殺す。
一度は産まれたときに、
二度目は、息子だとわかり保身のために同じように
生き埋めにするも!
また土屋さんによって助けられる息子。
 
息子を逃がしてくれると信じ教会で祈る稲森いずみだが、
入間カツノリが殺したことを知り怒りと絶望。
その時、教会に真海おディーンさまが。
息子は死んでいないと知らせにやってきた。
 
教会のシーンがいい!
と影。
と黒。
 
闇にいる稲森いずみを光で救う真海おディーンさま。
だが逆にも見えるのよね。
白いワンピースで影になっている稲森いずみが、
黒のスーツで光に包まれている真海おディーンさまに
光を与えているようにも見える。
 
白と黒。光と闇。
人間どっちも持ち合わせていて、
どっちも転ぶかわからない。
 
二度も息子を殺し、元愛人の稲森いずみによって、
息子殺人未遂をマスコミの前で暴露される入間カツノリは、
とうとう狂ってしまう。
 
狂う前の言い訳。
どこで間違えた。
立派な人間になりたかっただけだ。
正しくて愛ある人間になりたかっただけ。
 
どこでって・・・最初から間違っている姿しか見えていませんけど?驚く
でも、この人なりの正義があったのだろう。
それは自分を守ること。
 
父は狂い子供用スコップで穴を掘り、
母は毒を飲み血を吐いて絶命。
その姿を見ていた小さな息子が真海おディーンさまを見る目が怖い。
復讐が繰り返される・・・を予感させる目だ。
この辺も人間の弱さをちゃんと見せてますな。
 
父は廃人になり義母は服毒自殺したが
未蘭(岸井ゆきの)は生きていた。
やっぱり解毒剤だったんだね。
ロミジュリな二人。
死んだと誤解して後追いすることも恨むこともなく、
ハッピーエンドで終わって、
唯一、癒されたわ~♪
 
そして、新井浩文ぱパイセンはパンツ一丁で、
真海おディーンさまが囚われの身になり体験した拷問刑を受ける。
 
自殺未遂から生還した幸男(大倉忠義)は、
おディーンさまを訪ねてきて、
すみれ(山本美月)は綺麗事ばかり言うパンチ!
こんなのバカげていいる。
こんなことしてお母さんか喜ぶと思うの。
 
そんな綺麗事すみれに、
結婚してほしいとお願いするおディーンさま。
 
おディーンさまのプロポーズ・・・意図は?
 
最後の晩餐に招待された、すみれに幸男に新井浩文パイセン。
 
すみれと暖おディーンさまプロポーズビデオ鑑賞。
みんな笑っている。
すみれも暖も、新井浩文パイセンも幸男も。
 
思い出したくない思い出に新井浩文パイゼンが毒つく。
お前がどんな目にあったが知らないけど、
しみったれた恨みごとするなよーーー的なことを言って、
自分も頑張ってきたんだよ!
と正当化するクズさ。
 
幸男も同等の意見を述べる。
 
そして、すみれ。
プロポーズの返事に泣きながら結婚しますと受け入れる。
暖の顔して喜ぶのもつかの間、
真海おディーンさまの顔になり落胆。
すみれが自分をもう愛していないことに気づく・・・!?
 
「愛は勝つ」と信じていたのに、
愛は変わってしまった。
 
長い年月で変わってしまった愛に落胆。
 
愛は勝たなかった・・・
 
三人を解放して別荘に火を放つ真海おディーンさま。
 
死んだの?と思いきや行方不明。
警察の事情聴取でも毒づく新井浩文と幸男。
正真正銘のクズだったね。
 
生きてるでしょ?真海おディーンさま。
生きてるね?と思ったら海歩いていた。
向こうから愛梨?
 
最後は、待てしかし希望せよ。な終わりでしたな。
 
シンガポールで土屋と愛梨と幸せになって、
新井浩文と幸男に再び裁きをーーーー!
 
目障りという小さな嫉妬心。
恋敵という小さな嫉妬心。
 
小さな嫉妬心が、
大きな罪を生む。
 
いじめの構図とホンマによく似ている。
ちゃんと警告ドラマになっていたと思うよ。
 
待て、しかして希望せよ。ですよ。
 
最終回は、ちと間延びした感もあるが、
全編を通して面白かった。
続きが観たい!と心躍るドラマだったよ。
 
みなさんの熱演、怪演、奇演?で
楽しませていただきました。
ありがとう♪
 
 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。

応援クリックいただければ嬉しいです。

Source: oliveのドラマ帳~風に吹かれて~

-ドラマ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「わろてんか」89話ちょこっと感想。

藤吉より先に保奈美母にまさかのーーー!の巻。   思い出話に、相変わらずリリコにここぞという言葉で 落とす藤吉。   世の中思ってもいないことが起きる。 てんとの結婚もそのひとつ。 …

急がば回れ~「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」4話感想~

急がば回れとは、 急ぐときには危険な近道より、 遠くても安全な本道を通るほうが結局早い。 安全で着実な方法を取れという戒め。   はい、今話も篠原涼子議員にイライラさせられたわ~ あっ!安全 …

「わろてんか」93話ちょこっと感想。

藤吉死亡フラグへと・・・の巻。   自分の身体の異変に気づいた藤吉。   生き急ぐように!? てんを興業師に育てようとしております。   今まで、てんが本当の意味での興業 …

「わろてんか」26話ちょこっと感想。

疫病神キースの巻。   ええ儲け話があるで~(キース)   疫病神の囁きにしか聞えない。 そんでもって、疫病神キース、藤井隆と藤吉のシーン。 騙されてまっせ話に流れるBGMがおかし …

AtoZ殺人事件、来週まで待てませんっ!~「アンナチュラル」9話感想~

クソだ!クソめ!クソ野郎---!による、 来週まで待てない展開だよ。   前話の雑居ビル火災が!こんな形でつながっているとはーー! 中堂(井浦新)の恋人を殺した犯人が明かされた!? &nbs …