tokyOApple

東京アップル。清濁併せて好奇心無限大!

気象/天候/災害

台風接近を喜べる世の中に

投稿日:

西日本を中心に大変な被害をもたらした今回の大雨。
わかっているだけでも100人以上の尊い命が奪われました。

地震、火山、大雨など、日本は自然災害の多い国です。
ただ大雨などの気象災害が地震や火山の噴火などと大きく違う点は、
《比較的予報が可能》
であるという点です。
これは《避難》ということを考えると大変重要なことです。

今回の大雨も、少なくとも前日にはその可能性は指摘されていました。
「現在雨が降っていなくても、今後危険な可能性があるならば、とりあえず安全な昼間のうちに避難をしておく」
という行動をしておけばかなりの命は救われると思います。

しかし現実は、「避難しても、結局何もなかった。」ということが多いため、
「どうせ今回も大丈夫だろう」と思ってしまうのでしょう。
いわゆるオオカミ少年です。
そのため、本当に危険が差し迫るまでは避難をしない、
という行動パターンになってしまうのではないでしょうか。

そこで思うのです。
「避難を楽しもう!」と。
つまり避難所の充実です。

1.    プチ・アウトドア体験できる
テントなどで、寝袋で寝る。 この体験はワクワクしますよね。

2.プチ・ホームパーティー
食事・アルコールなどを持ち寄ってみんなでワイワイする。

3.みんなでテレビ観戦
大きな部屋でみんなでワールドカップの名場面などを見ながら夜を明かす。
これは盛り上がるでしょう。

4.大勢で娯楽
フットサル・バスケ大会など、大勢でしかできないことをする。
お年寄り向けに将棋大会、若者向けにゲーム大会などもいいでしょうし、
単純に談話室などでおしゃべりなどでもいいです。

こんな感じで大勢でしかできないことや日常ではできないことを一晩楽しんだ後、
「やっぱり今回も、結局何もなかったね~。 よかったね~。 またね~。」
という感じで家に帰れるなら・・・

きっと、
「台風来ないかなあ。 そうすればまた避難所でみんなで楽しく過ごせるのに。」
という意識になり、ひいては命を守ることにつながるではないでしょうか。

芦原

Source: チーム森田の“天気で斬る!”

-気象/天候/災害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

風使いのまち・浜松

福岡良子です。 先日、ロケで静岡の浜松に行ってきました。 浜松といえば強風の名所。 「遠州のからっ風」と呼ばれるほど このあたりは遠州特有の強い風が吹く場所です。 この強風を利用して、 毎年5月には、 …

no image

「~年ぶり」の見出しがおどる暑さや寒さ

河津です。 このところ東京は気温の変化が極端で、この時期本来の季節感がわからなくなっています。 <気象庁ウェブサイトより> 東京の4月の平均気温は17.0℃で観測史上最も高くなりました。 特筆すべきは …

no image

今も昔も氷で涼しく

こんにちは。及川藍です。 きょう(25日)は強い日差しが照りつけて、朝から気温がグングン上がっています。 東京都心も午前9時半過ぎに30℃を超えて、きょうは34℃まで上がる見込みです。 西日本や東日本 …

no image

雲の正しい数え方

こんにちは 多胡安那です。   今週は前半は全国的に晴れて暑くなりましたが、後半になって天気が崩れてきました。   きょうはすでに北日本を中心にまとまった雨雲がかかっていて、 この …

no image

注意報のマークを考える

こんにちは、長谷部です。 この春から東京造形大学という美術大学で「天気・環境とデザイン」を主題に授業を担当していて、 生活とデザインや天気とデザインのことをよく考えるようになりました。 そこで学生に課 …